TAPE

WILDERNESS OF MIRRORS (IMPORT CASSETTE TAPE)

¥2,420

(税込)
予約受付中
お気に入りに登録

モダン・サイケ・ロックの雄、ザ・ブラック・エンジェルズの5年振りとなる新作が完成。自身6枚目となるアルバム『ウィルダネス・オブ・ミラーズ』、リリース。

●オースティンの伝説的なロック・バンドがニュー・アルバム『Wilderness of Mirrors』を2022年9月16日、Partisan Recordsよりリリースする。The Black Angelsの5年振りとなるこのアルバムは、まさにペダルを踏みながらの凱旋となる。政治的混乱、パンデミック、そして今も進行する環境破壊は、彼らの特徴的なサウンドと激しい歌詞の為の十分な材料となっている。そのサイケデリック・ロックの攻撃は、多くの魅力的なサウンド/テクスチャーと共に巧みに洗練され、メロトロン、ストリングス、その他のキーボードがこれまで以上に際立つ。Alex Maas(ヴォーカル/ベース)、Christian Bland(ギター)、Stephanie Bailey(ドラム)、Jake Garcia(ギター)、Ramiro Verdooren(マルチインストゥルメンタリスト)の5人は、共同プロデューサーのBrett OrrisonとエンジニアのJohn Agnello(Dinosaur Jr.)と密接に協力し、アルバムを制作。強い影響力を持つ自らのクラシックなサウンドを維持しながら、新鮮で新しいものを作り上げた。●2004年にテキサス州オースティンで結成されたThe Black Angelsは、Syd Barrett、Roky Erickson、Arthur Lee、The Velvet Underground等、サイケ・ロックの先達に見事に忠実で、バンド名はThe Velvet Undergroundの楽曲「The Black Angel's Death Song」からとられている。そのワールドワイドでの影響力をLevitation Festival(このジャンルの過去/現在/未来のための真のグラウンドゼロで、今年で15周年を迎えるフェスティヴァル)を通して確立。2006年にデビュー・アルバム『Passover』をLight in the Attic Recordsよりリリース。2017年には絶賛された5枚目のアルバム『Death Song』をPartisan Recordsよりリリースした。


◆輸入盤商品のご予約について◆
「在庫なし」表記になっている場合でも、商品確保が可能な場合もございます。
購入ご希望の方はhttps://ultra-shibuya.com/pages/contactよりお問い合わせください。

※海外からの入荷に遅延が生じた場合、発売日までにお届けができない可能性がございます。あらかじめご了承下さい。

  • 1. Without a Trace
  • 2. History of the Future
  • 3. Empires Falling
  • 4. El Jard□n
  • 5. La Pared (Govt. Wall Blues)
  • 6. Firefly
  • 7. Make it Known
  • 8. The River
  • 9. Wilderness of Mirrors
  • 10. Here & Now
  • 11. 100 Flowers of Paracusia
  • 12. A Walk on the Outside
  • 13. Vermillion Eyes
  • 14. Icon
  • 15. Suffocation
閲覧履歴
閲覧履歴