CD

WEATHER ALIVE (IMPORT CD)

¥2,420

(税込)
先行予約受付中で
お気に入りに登録

ブリット・アワードを受賞し、マーキュリー・プライズに二度ノミネートされるフォークトロニカ/トリップ・ホップのパイオニア、ベス・オートン。パルチザン・レコードからは初となる自身7枚目のスタジオ・アルバム『ウェザー・アライヴ』、リリース。

●Beth Ortonは2022年9月23日に7枚目のスタジオ・アルバム『Weather Alive』をリリースする。これは、Fela Kuti、IDLES、Fontaines D.C.、Laura Marling等のレーベルであるPartisan Recordsから初の作品となる。Ortonは、その特徴的で壊れそうなヴォーカルのみならず、Chemical BrothersやAndy Weatherallの初期作品や、Bert Jansch、Jim O’Rourke等とのジャンルを超えたコラボレーションでも知られるが、当作では初めて自宅のスタジオでレコーディングを行った。一方、Tom Skinner(The Smileのドラマー)、Alabaster DePlume(マンチェスターのジャズ・スター)、Shahzad Ismaily(マルチインストゥルメンタリスト/コンポーザー)、Tom Herbert(The Invisibleのベーシスト)といった素晴らしいプレイヤー達をゲストに起用。音楽を呼吸させ、空間の感覚を作り出すことの重要性と真の力を熟知する彼らの感性を、積極的にアルバムへと取り入れた。カムデン・マーケットから救い出したボロボロの古いピアノで書かれたこの『Weather Alive』は、30年の音楽活動の中で着実にキャリアを積んできたOrtonにとって、またしてもキャリアを決定づける作品となるであろう。●Beth Ortonは、イギリスで最もユニークで魅力的なミュージシャンの一人だ。The Chemical Brothers、Andrew Weatherall、Red Snapper、William Orbitとの共演を通し、Ortonのサウンドは、フォークトロニカ/トリップ・ホップのパイオニアとして、約30年にわたり変貌をとげてきた。これまでに発表した6枚のアルバムの中で、Ortonはカテゴリー分けを断固として拒否。静寂に包まれたフォーク調のストーリーテリングから、暗く陰鬱で難解な実験主義までを織り交ぜた作品を発表している。このような様々な音の探求を通し、Ortonは幻想的なソングライターであり続け、スタジオの外では、Patti Smith、Nick Cave、Sinead O’Connor、Flaming Lips、Beckといったアーティストとステージやマイクを共にしている。ブリット・アワードを受賞し、マーキュリー・プライズに二度ノミネートされる等、Ortonはあらゆる賞賛を浴びながらも、次に進むために常にあまり人が通らない道を選び続け、予測不能な興味深いバック・カタログを作り上げている。


「在庫なし」表記になっている場合でも、商品確保が可能な場合もございます。
購入ご希望の方はよりお問い合わせください。

  • 1. Weather Alive
  • 2. Friday Night
  • 3. Fractals
  • 4. Haunted Satellite
  • 5. Forever Young
  • 6. Lonely
  • 7. Arms Around a Memory
  • 8. Unwritten
閲覧履歴
閲覧履歴