CD

WEIGHT OF MATTER

¥2,310

(税込)
在庫なし
お気に入りに登録

『Loveless』がもたらす最後の飛沫、とデビュー・アルバムが大絶賛された米のシューゲイズ・バンド、エロス・アンド・ジ・エシャトン。約3年振りとなるセカンド・アルバム『ウエイト・オブ・マター』がついに完成。

「これは『Loveless』がもたらす最後の飛沫だ」(All Music)「シューゲイズの活気がほとばしっている」(Consequence of Sound)Eros And The Eschatonはノースカロライナ出身のKate PerdoniとAdam Hawkinsを中心としたシューゲイズ/ドリームポップ・バンドだ。SlowdiveやMy Bloody Valentineといったシューゲイザーのバンドの影響下、音楽活動を開始。2012年に何枚かのシングルをセルフリリースしてツアーを行った後、Bar/None Recordsと契約。2013年の8月にデビュー・アルバム『Home Address For Civil War』をリリース。アルバムはAll MusicやSPINから大絶賛された。当『Weight Of Matter』はEros And The Eschatonのセカンド・アルバムで、Westword誌でバンドがデンヴァーのベスト・ポップ・バンドに選ばれた理由ともなったシューゲイズなサイケデリアに満ちている。Neil-Young & Crazy Horseのギターにインスパイアされたアルバムで、The Walkmenに似たトーンも持っているが、デビュー・アルバム『Home Address For Civil War』の持つMy Bloody Valentineのファズも健在である。

  • 1. OMG I Am
  • 2. The Way I Feel 2Nite
  • 3. Center of the World
  • 4. Helicopter
  • 5. Long Shot
  • 6. Rxx
  • 7. Bop Shoo Bop
  • 8. Cry
  • 9. Shadow, Forth!
  • 10. Weight of Matter
  • 11. From Belly Deep
閲覧履歴
閲覧履歴