CD

ARE WE GONNA BE ALRIGHT?

¥2,750

(税込)
予約受付中
お気に入りに登録

全英トップ10ヒットを記録したデビュー・アルバムから4年、フィックル・フレンズの新作が完成。DIYのルーツに立ち戻り、不確実な時代を乗り越えて完成したセカンド・アルバム『アー・ウィ・ゴナ・ビィ・オールライト?』、リリース。

"●Fickle Friendsは結成当初、自ら英国とヨーロッパをツアーし、完全にインディペンデントで評判を確立。その後、メジャーからのリリースとなったデビュー・アルバム『You Are Someone Else』はUKトップ10ヒットを記録した。過去18カ月の間、彼らは本来のDIYのルーツに立ち戻り、『Weird Years』と題された2枚のEPをリリース。サウンドの幅は広がり、キャリア・ストリームは1億2000万を超え、広く批評家の称賛を博した。2022年1月14日、彼らは待望のセカンド・アルバム『Are We Gonna Be Alright?』を発売する。アルバムからのファースト・トラックは、80'sをナチュラルに現在の形に進化させた「Love You To Death」で、2021年9月にリリース。続くオルナタナティヴ・ポップなセカンド・トラック「Alone」は10月にリリースされた。その他、強烈なビートから静かなダウンビートへと一気に跳躍する「Not Okay」、エレクトロパンクな「Yeah Yeah Yeah」、既にリリース済みでファンにはお馴染みの「Pretty Great」「IRL」「Won’t Hurt Myself」等がアルバムには収録される。「このアルバムを作ることで、昨年の嵐を乗り切ることができた。アルバムは不確実な時代に私たちを結びつけた。私たちは忘れられてしまった、と感じた時、アルバムは目的をくれた。このレコードは私たちにとって大きな成長の瞬間であり、それを世界と共有できることを嬉しく思う」とNattiは語る。●Fickle Friendsは2013年に英ブライトンで結成されたインディ・ポップ・バンドだ。メンバーはNatti Shiner(V)、Harry Herrington(B)、Jack Wilson(Syn)、Sam Morris(Dr)の4人。イギリスやヨーロッパを2年間ツアーし、53ものフェスティヴァルでプレイした後、メジャーのPolydor と契約し、Mike Crosseyのプロデュースによるデビュー・アルバム『You Are Someone Else』を2018年3月にリリース。アルバムはUKチャートの9位を記録し、日本や韓国でもヒットした。2019年10月、バンドは新曲「Amateurs」をリリース。2曲の新曲(2020年1月の「Pretty Great」と3月の「Eats Me Up」)を経て、2021年1月には5曲入りEP『Weird Years (Season 1)』、5月には4曲入りEP『Weird Years (Season 2)』をリリースした。"

  • 1. Love You To Death
  • 2. Not Okay
  • 3. Write Me A Song
  • 4. Alone
  • 5. Glow
  • 6. Pretty Great
  • 7. Load On Your Mind
  • 8. Yeah Yeah Yeah
  • 9. IRL
  • 10. Listen
  • 11. Won’t Hurt Myself
  • 12. Are We Gonna Be Alright? ※他、日本盤ボーナス・トラック収録(予定)
閲覧履歴
閲覧履歴