CD

WACHITO RICO

  • ボーイ・パブロ/ワチト・リコ
  • ジャンル:洋楽/ROCK/POP/INDIE
  • 2020-10-23 発売
  • 品番 : OTCD-6826
  • JAN : 4526180536864
  • 発売国 : 国内盤
  • 状態 : 新品
  • LABEL : OCTAVE
  • フォーマット : CD
  • 関連タグ : BOY PABLO INDIE POP ROCK 洋楽

¥2,640

(税込)
在庫あり
お気に入りに登録

インディ・ポップの寵児、ノルウェーはベルゲン出身のパブロ・ムニョスのプロジェクト、ボーイ・パブロ。大ヒット・シングル「エヴリタイム」から3年半、デビュー・アルバム『ワチト・リコ』、リリース。

●Boy PabloことNicolas Muñozは自身を再紹介する準備を整えた。彼のキャリアはポップ・アンセム「Everytime」と共に2017年に始まったが、その後、これまで以上にアートとのつながりを深めていった。元々、Boy Pabloは現在21才のMuñozがただ楽しむためだけに初めたプロジェクトであったが、一貫性のある創造的なヴィジョンを磨き、インディ・ポップのシーンで評価される本格的な力となったのだ。2020年10月23日にリリースされるBoy Pabloのデビュー・アルバム『Wachito Rico』はコンセプトと自伝のハイブリッドのようなアルバムだ。チリ語で「ハンサム・ボーイ」を意味し、誰かを愛するという考え方でもある”Wachito Ric”は、Muñozがアルバムの中心に据えた包括的なテーマであり、キャラクターでもある。作品を通し、Muñozは彼のアルター・エゴのラヴ・ストーリーをリスナーに紹介し、「Everytime」を超えたビデオにそれを反映。その導入がリード・シングル「Hey Girl」となる。”Wachito Ric”はキャラクターとして存在しながらも、アルバムはMuñozの個人的なところから生まれたものだ。曲は、彼の幼年期に経験した喜びと痛みから派生している。しかし、ヘヴィーな瞬間は、ライトで自発的なトーンにより陰に隠されている。2015年にBoy Pabloがスタートして以来、Muñozは主にソロとして曲を書き、プロデュースしてきた。しかし、『Wachito Rico』ではこれまで以上にコラボレーションが導入された。Muñozは、2019年を通して行われたライティングとレコーディングのセッションで、兄のEsteban Muñozと義兄のErik Thorsheimと協力し、視野を広げてヴィジョンを拡大。Muñozが持つラテンアメリカ人とノルウェー人のバックグラウンドを融合させ、深い愛情に根差した雰囲気を作り上げた。●ノルウェーでチリ人の両親のもとに生まれたMuñozは6才からドラムを学び、10才でギターをマスター。Blink-182やGreen Dayからラテン音楽、The Beatlesまで、あらゆる音楽から影響を受けてきた。高校生の時、Muñozは学校でライヴをする為に友達を集め、彼の作った曲をプレイ。ここにBoy Pabloが誕生した。その時の友達であるGabriel Muñoz、Eric Tryland、Henrik Åmdal、Sigmund Vestrheimは今でもBoy Pabloのライヴ・バンドのメンバーである。『Wachito Rico』は、生のソングライティングとノスタルジックなアンセムが詰まったアルバムで、2018年のEP『Soy Pablo』の成熟したフォローアップとして機能する。Muñozはレトロなサウンドとカリフォルニアのメロディーを融合させ、「Everytime」とこのデビュー・アルバムとの間に完璧なセグエを作り上げた。『Wachito Rico』はBoy PabloことNicolas Muñozの成長のみならず、彼が単なるインターネットの現象ではないことを証明している。

  • 1. I Hope She Loves Me Back
  • 2. Hey Girl
  • 3. Leave Me Alone!
  • 4. Honey
  • 5. Rest Up
  • 6. Te Vas // Don't Go
  • 7. Aleluya
  • 8. Come Home
  • 9. Mustache
  • 10. Vamos a La Playa
  • 11. Wachito Rico
  • 12. Nowadays
  • 13. I <3 U
閲覧履歴
閲覧履歴