CD

MOTORHEART

¥2,750

(税込)
予約受付中
お気に入りに登録

全英トップ10ヒットを記録した前作から2年、ザ・ダークネス7枚目のアルバムが完成。新たなマスターピースとなる計り知れないほど贅沢なロックンロール・アルバム『モーターハート』、リリース。

"●The Darkness(Justin Hawkins、Dan Hawkins、Frankie Poullain、Rufus Tiger Taylor)はニュー・アルバム『Motorheart』を2021年11月19日、Cooking Vinylよりリリースする。Dan Hawkinsがプロデュース、エンジニア、ミックスを手掛けたこの作品は、全英トップ10ヒットを記録した前作『Easter Is Cancelled』から2年振り、通算7枚目のアルバムとなる。ファースト・シングルはタイトル・トラック「Motorheart」で、「これまでのどの曲よりも激しい。この曲は私をハッピーにする。自信を持って音量を上げ、私のスイスにある家は、その土台から揺れる。Danはプロダクションで素晴らしい仕事をした。この曲は、あなたの化粧を落としてしまう。しかし、耳から耳へと通り抜け、あなたはグリニング・スカル(笑っているように見えるむき出しの頭蓋骨)となる。楽しんでくれ」とJustinは同曲について語る。●The Darkness は2000年、英サフォークにて結成された。メンバーはヴォーカル&ギターのJustin Hawkins(ジャスティン・ホーキンス)、ギターの Dan Hawkins(ダン・ホーキンス)、ベースのFrankie Poullain(フランキー・ポーレイン)、ドラムのRufus Taylor(ルーファス・テイラー)の4人。Justin Hawkinsのハイトーン・ヴォーカルを軸に、AC/DC、Queen(ドラムのRufus TaylorはクイーンのRoger Taylorの息子)、Aerosmith、Led Zeppelin他、70年ハード・ロックに影響を受けたサウドンを鳴らす。2003年、デビュー・アルバム『Permission to Land』をリリースし、UKチャートの1位/USチャートの36位を獲得。アルバムからは5枚のシングルがリリースされ、「I Believe in a Thing Called Love」はUKシングル・チャートの2位を獲得。翌2004年、バンドはブリット・アワードで、ベスト・グループ、ベスト・ロック・グループ、ベスト・アルバムの3部門を受賞。ケラング・アワードではベスト・ライヴ・アクト、ベスト・ブリティッシュ・バンドの2部門を受賞した。2005年にセカンド・アルバム『One Way Ticket To Hell...And Back』をリリースするも、翌2006年、Justin Hawkinsが脱退し、バンドは事実上の解散となる。2011年、再結成。2012年にサード・アルバム『Hot Cakes』をリリースし、UKチャートの4位を獲得。2015年には4枚目のアルバム『Last Of Our Kind』(UKチャート12位)、2017年には5枚目のアルバム『Pinewood Smile』(UKチャート12位)をリリース。2019年の6枚目のアルバム『Easter Is Cancelled』は、UKチャートの10位(同ロック/メタル・チャートでは1位)を獲得した。"

  • 1. Welcome Tae Glasgae
  • 2. It's Love, Jim
  • 3. Motorheart
  • 4. The Power and the Glory of Love
  • 5. Jussy's Girl
  • 6. Sticky Situations
  • 7. Nobody Can See Me Cry
  • 8. Eastbound
  • 9. Speed of the Nite Time
  • 10. You Don't Have to be Crazy About Me...But it Helps*
  • 11. It's a Love Thang (You Wouldn't Understand)*
  • 12. So Long*
  • 13. The Age of Darkness*
  • *ボーナス・トラック
閲覧履歴
閲覧履歴