CD

The Last Thing Left

  • セイ・スー・ミー/ザ ラスト シング レフト
  • ジャンル:洋楽/ROCK/POP/INDIE
  • 2022-06-08 発売
  • 品番 : DAMNABLY140J
  • JAN : 4526180605348
  • 発売国 : 国内盤
  • 状態 : 新品
  • LABEL : DAMNABLY
  • フォーマット : CD
  • 関連タグ : INDIE POP ROCK Say Sue Me 洋楽

¥2,640

(税込)
予約受付中
お気に入りに登録

2018年発表のセカンド・アルバム『Where We Were Together』では第16回韓国大衆音楽賞に最多5部門にノミネート、最優秀モダンロックの2部門(アルバム及び楽曲)を受賞し、ヨーロッパ、アジア、北米でツアーを敢行。その後も大ヒット韓国ドラマ「ユミの細胞たち」への楽曲書下ろし提供など、今最も注目を集める韓国・釡山出身のインディー・ロック・カルテット"ay Sue Me"セイ・スー・ミー)による新作フルアルバム『The Last Thing Left』リリース。

2019年末の北米デビュー・ツアーをはじめとする国際的な活動の後、世界中の誰もがそうであったように、Say Sue Me は2020年のツアー休止を余儀なくされ、静かにニュー・アルバムの制作に取り掛かった。本作「The Last Thing Left」は、バンドが所有する釡山のスタジオでロックダウン中にセルフレコーディングされ、セルフプロデュースされた作品である。メンバーとの別れとパンデミックの訪れを経て、喪失、孤独、悲しみと癒し、そして愛をテーマに描かれた。リードシングルとして発表されたTr.3「Around You」は60年代のサーフ・ギターを思わせるアップビートなメランコリー・サウンドと90年代のインディー・ロックの影響を色濃く感じる快作。Tr.6「To Dream」は、アルバム収録曲全10曲のうち、唯一の韓国語歌詞曲。夢幻的でありながらはっきりとした心象を喚起する歌詞、ささやくようなヴォーカルと甘美なメロディー、幾層にも折り重なったギターとキム・オキのサックスがじわじわと静かな高揚感を生み出す名曲に仕上がっている。今年結成10周年を迎える Say Sue Me は、アルバム発売を記念して5月にソウルと釡山で約3年ぶりとなる単独公演を行い、7月30日(土)にはフジロックフェスティバル ’22 への出演も決定している。秋には新型コロナウイルスの影響で延期になっていた北米ツアーを行い、冬から来年にかけても精力的にライブ活動を展開する予定である。

  • 1. The Memory Of The Time
  • 2. Still Here
  • 3. Around You
  • 4. We Look Alike
  • 5. No Real Place
  • 6. To Dream
  • 7. Photo Of You
  • 8. The Last Thing Left
  • 9. Now I Say
  • 10. George & Janice
  • +国内盤限定ボーナストラック収録
閲覧履歴
閲覧履歴