CD

DOWN TOOLS

¥2,530

(税込)
在庫なし
お気に入りに登録

英リーズのアート・ロック・バンド、マッシュのニュー・アルバムが完成。高い評価を獲得した前作から約1年、ポストパンクの飽和をスタイルとウィットで回避する自身3枚目のアルバム『ダウン・トゥールズ』、リリース。

英リーズのアート・ロック・バンド、Mush(Dan Hyndman - vocals/guitar、Phil Porter - drums、Nick Grant - bass、Myles Kirk - guitar)は、2022年7月、Memphis Industriesよりサード・アルバム『Down Tools』をリリースする。アルバムはリーズのスタジオ、Greenmountで、長年のコラボレーターであるLee SmithとJamie Lockhart(Yard Act、Easy Life、The Cribs)と共にレコーディング。フィンガー・ピッキングのルーズな曲からノイズ・ロックのバンガーまで、様々な楽曲が収録され、ポストパンクの飽和をスタイルとウィットで回避している。MushはソングライターのDan Hyndmanを中心に、Pavementのバック・カタログを愛するメンバーで結成された。ライヴにより地元での注目を集めた後、伝説のToo Pure Singles Clubの最後のリリースの一つとなった10分近くあるシングル「Alternative Facts」が異例のラジオ・ヒット。BBC 6等で多くのオンエアを獲得する。その後、シングル「Gig Economy」を経て、UKツアーをおこない、EP『Induction Party』をリリース。2020年2月にファースト・アルバム『3D Routine』、2021年2月にセカンド・アルバム『Lines Redacted』をリリースした。『Lines Redacted』はUncut(8/10)、DIY(4/5)、The Line of Best Fit(8/10)、Dork(4/5)、Clash(8/10)と高い評価を博した。

  • 1. Grief Thief
  • 2. Karoshi Karaoke
  • 3. Get On Yer Soapbox
  • 4. Human Resources
  • 5. Northern Safari
  • 6. Dense Traffic
  • 7. Inkblot and The Wedge
  • 8. Group of Death
  • 9. Groundswell
  • 10. Interlude
  • 11. Burn, Suffering!
  • 12. Down Tools
閲覧履歴
閲覧履歴