CD

昼に睡る人

¥2,530

(税込)
在庫あり
お気に入りに登録

こぼれるような美しい歌声と優しい声の重なり、これまで殆どの楽曲制作をiPhoneで完結させ、不穏な空気とともに妙な心地よさを感じる音の景観で独自の哲学性を創作する聴く者のイマジネーションを刺激する稀代の宅録音楽家「uami」によるファーストアルバムで初フィジカル作品が発売

uamiが初めてのフィジカル作品をリリースする。彼女の作品が形を持って世に放たれる事はひとつの事件と言える。 これまでSoundCloudの投稿や配信サイトでのリリースを活動のメインとしていたuamiは、そのリリース楽曲の多さとクオリティーで、君島大空や長谷川白紙などの同世代の音楽家達と共鳴する存在として既に認知されている。そんな最中、彼女らしく突如としてリリースされ る今作は全8曲入りのフルアルバム。奇妙さの中で織り交ぜられたピアノや重なる声がイメージを湧きたてるイントロ曲「mukashi」から始 まり、こぼれるような美しい歌声で紡がれる「弾ける」や「はるのめざめ」、マシン的なグルーヴ感とこれまでの彼女の独自なサウンドスケープが合わさったかのような「気にしない」などを収録した美しくも儚い霧のような音情景を詰め込んだ作品が出来上がった。こぼれるような美しい歌声と優しい声の重なり、これまで殆どの楽曲制作をiPhoneで完結させ、不穏な空気とともに妙な心地よさを感じる音の景観で独自の哲学性を創作する聴く者のイマジネーションを刺激する稀代の宅録音楽家「uami」によるファーストアルバムで初フィジカル作品が発売

閲覧履歴
閲覧履歴